近視

慶大眼科より、日本の小中学生の近視増加に関する論文を発表しました。

坪田一男、栗原俊英、鳥居秀成らが、東京都内の小中学生1,478人を対象とした疫学研究により、日本における近視有病率を約20年ぶりに報告しました。また同研究にて、近視とドライアイに関連がある可能性も見出しました。

Kazuo Tsubota and his research team found in this cross-sectional study of 1478 schoolchildren at 2 schools in Tokyo, Japan, the prevalence of myopia was 76.5% among those aged 6 to 11 years and 94.9% among those aged 12 to 14 years, and the prevalence of high myopia was 4.0% among those aged 6 to 11 years and 11.3% among those aged 12 to 14 years.

●リリースはこちら 
●論文全文はこちら 

一覧に戻る